岩下 晶子 (ソプラノ)

Shoko Iwashita (Soprano)


国立音楽大学音楽教育学科卒業。東京藝術大学大学院修士課程、博士後期課程、マネス音楽院プロフェッショナル・スタディーズ・ディプロマ課程(アメリカ合衆国ニューヨーク市)を修了。

 

修士課程に進学前に東京混声合唱団に所属。第77回日本音楽コンクール声楽部門 (歌曲) 第1位。平成22年度新進芸術家海外研修制度1年派遣研修員(文化庁)を務める。

 

これまでに  J. S. バッハ 《 ミサ曲 ロ短調 》 、《 マタイ受難曲 》 、 《 クリスマス・オラトリオ 》 、モーツァルト 《 レクイエム 》、 《 戴冠ミサ 》 、 ハイドン 《 オラトリオ 「四季」 》、ベートーベン  《 交響曲第九番 「合唱付き」 》、ヴェルディ 《 レクイエム 》 、マーラー 《 交響曲第2番「復活」》、オルフ《カルミナ・ブラーナ》、ストラヴィンスキー《結婚》、ヴォーン・ウィリアムズ《田園交響曲》、一柳慧 《 花の葬送 》 などでソリストを務める他、オペラでは 『カリスト』 ( ジュノー )、『魔笛』  (パミーナ)、『ラ・ボエーム』(ムゼッタ)、『不思議の国のアリス』(姉・ユリ)に出演。

 

二期会会員。横浜シティオペラ会員。常葉大学短期大学部音楽科講師。